切らない美容整形を行っています

目の下にたるみや膨らみがあると、疲れた印象を与えたり、年齢よりも老けてみえるので悩んでいる人が多いです。美容外科のクリニックで美容整形を受けたい人が増えています。目の下は皮膚が薄くて、デリケートな部分なのでヒアルロン酸は使用しないことが多いです。なるべくメスを使わない治療を受けたい人が増えています。下瞼の裏側に複数の穴を開けて、特殊な医療機器を使用した脂肪を取り出します。日帰りで治療が受けられますし、傷跡が残らないのが特徴です。

診察やカウンセリングに時間を掛けてくれる

目の下のたるみが気になってくると、メイクだけではカバーをするのが難しくなります。美容外科のクリニックでは、診察やカウンセリングに時間を掛けてくれるので、最適な治療法を提案してくれます。なるべく費用を抑えたい人には、切らないたるみ治療がお勧めです。

皮膚を切除して脂肪を取り除きます

目の下のたるみが気になっている人は、美容外科のクリニックでは、目の下の皮膚を切除して、脂肪を取り除く手術を行っています。なるべく傷跡が目立たないように、丁寧に縫合をしてくれます。たるみ治療を受けることで、若々しい印象になれます。

アクアミドの美容整形も行っています

目の下のたるみは、皮膚のコラーゲンやエラスチンなどの減少が原因で起こります。美容外科のクリニックでは、アクアミドなどのたるみ治療を行っています。メスを使わずにたるみを目立たなくするので、幅広い年代に人気があります。

広告募集中